読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月28,29日 房総のむら


柳家三三を観に房総のむらへ。
風土記資料館などがある場所とチラシを見て行ったのだが想像を遥かに超える良い場所だった!

資料館を見て終わりだと思い、わざわざ成田空港近くまで車で行くならばと旅館を取り、次の日は香取と鹿島神宮へと言うプランを練って行った。

そしたら、房総のむらが充実!
柳家三三の会を二席、1500円。

13時15分花見の仇討ち
14時30分小政の生い立ちの2公演。
f:id:chiorin:20160229213208j:image

12時到着予定で来たが、もっと早く来るべきだった。

駐車場したら、この風景
f:id:chiorin:20160229213403j:image

房総のむらへ入場料300円を払うと
f:id:chiorin:20160229213506j:image
f:id:chiorin:20160229213517j:image
f:id:chiorin:20160229213535j:image
f:id:chiorin:20160229213556j:image

江戸から昭和初期の風景が!
多数のドラマのロケ地にもなってて、
周りには古墳だらけ。
なかなか見甲斐があり、広い!
落語終了15時15分から閉園までの1時間ちょいでは見て回れない広さ。

午前中から来るべきだったと後悔。


そして、宿へ。
f:id:chiorin:20160229213952j:image
f:id:chiorin:20160229213957j:image
f:id:chiorin:20160229214022j:image
全室露天風呂付きコテージタイプのリゾート風のホテル。
日曜泊の朝夕食付きの露天風呂付きで、1名13000円くらいで激安!
って思ったが、立地からすると高級ラブホテルって感じ。
ラブホテルより作りや素材は全て金をかけているが、、、観光のない場所で国道だか県道からちょっと入ったとこにあるってのがラブホテルを用途に作ったのだろうと思わせる。

食事で料金が設定されてて、その中から選んで予約をしたんだがその時に既に嫌な予感が。
チキンソテー、ポークソテー、ミックスグリル、ステーキ、しゃぶしゃぶ…

ポークソテーを選んでみた。
夕飯に来たのは
鉄板にのったポークソテー、サラダ、コンソメスープ、ライスのみ!

ファミレスだ〜〜∑(゚Д゚)

味は美味しかったが、宿に泊まらすとも良いような料理。
朝は洋食を選択したら、
オレンジジュース、コーヒー、サラダ、ソーセージ2本、目玉焼き、バターロール2個。

夜のサラダと同じ材料の同じドレッシング。

20代なら、素敵な部屋*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
と喜んだかもしれないが、この歳になるとラブホ感覚に見舞われ宿泊客と顔を合わせるのが恥ずかしく感じるような場所だった。

しかし、
リゾート風、バリ風などとうたってる宿がいっぱいある中、そう言う意味ではセンスも良く広さも兼ね備えたホテルだった。

で、次の日は予定通り
鹿島神宮へ行き、香取神宮へより帰宅。
杉花粉が半端なかったー